電話サーバーのWikiです。いろいろ書きます。

観光用臨時車両

C11-1
SL深久号の牽引機
私有蒸気機関車であるため国鉄のC11-1とは違う車体をしている。
FRロ50
SL深久号の客車
読みは「ろ50」

優等種別車両

特急用車両

FR200系
NITS車輛より製造された特急車両。
4両固定編成で御手洗が1号車と4号車にある

FR250系
NITS車輛より製造されたFR200系の一部車両を改造・中間車新造した特急車両
6両固定編成で御手洗が1号車と4号車と6号車にある。

快速用車両

FR500系
快速用車両として製造された車両
2両固定編成で分割併合運転をし、最大6両で本線を運用する。

普通車

通勤用車両

FR6000系
FR5000系の後継として製造された車両。宝条工廠製HT1500系からの改造。
6101編成(初期車)
2両固定編成で1編成だけ製造された。釣り掛け駆動で大きなひし形パンタグラフが特徴。
自動連結器のため、量産車とは併結が不可能。
深久鉄道板町線のみでの運用。

FR6500系
FR6000系を基にし長編成用に製造された車両。
分割併合運転はしない。8両固定編成と10両固定編成が存在する。
深久鉄道深草線や他社乗り入れ用として運行

FR8500系
乗り入れ路線の増加により深久本線での車両が不足したため新たに製造された通勤用車両。
10両固定編成のみの製造で、中間にグリーン車を挟んでいるのが特徴

FR8550系
FR8500系と同様の理由で製造されたが、多くがFR8000系の改造車で製造されている。
FR8000系の更新・改造の際余ったクモハ車を中間車化改造したモハ車が一部編成に交じっているのが特徴。
グリーン車はないが6ドア車が組み込まれている。

事業用車両

電気機関車

ED1000形
貨物営業用として製造された電気機関車。自動連結器が特徴。
2両1組になり基本重連で走る。

ED1050形
甲種輸送用に製造された電気機関車。密着連結器が特徴。
ED1000形と同じく基本重連で走る。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

※現在 ユーザーID保持者 のみがコメント投稿可能な設定になっています。

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

編集にはIDが必要です

メンバー募集!